• ホーム
  • 安全に性生活を楽しむために知っておこう!ED治療薬の副作用について

安全に性生活を楽しむために知っておこう!ED治療薬の副作用について

治療薬によって勃起不全が解決すれば、性生活が以前よりも楽しくなってしまうはずですが、ED治療薬の副作用を知っていなければ、治療薬の飲みすぎなどによって性行為ができない状況に陥ってしまう可能性があります。ED治療薬は勃起不全の悩みを解決してくれる優れた治療薬だと言えますが、医薬品である以上は身体に悪い影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。基本的に重大な症状が起こることは少ないとされていますが、用法用量などを守らなかった場合は危険性が高まるので、安全に性生活を楽しむためにもED治療薬の副作用を知っておきましょう。

まず、多くのED治療薬は血管を拡張する効果があるので、それによって頭痛やほてりが起こりやすくなります。治療薬を飲んだ後に身体や顔がポカポカしたり、頭が痛くなったりした経験があるという人もいるかもしれませんが、これは治療薬の有効成分による効果である可能性が高いです。

この他にも鼻づまりやめまいなどを感じることがあるかもしれませんが、これも有効成分の作用によるものであり、全ての症状は薬効が消失するとともになくなっていくので心配する必要はありません。
薬効が切れても症状が治らない場合は他の病気の可能性もあるので、医療機関を受診する必要がありますが、薬効とともに症状が治まった場合は病院に行く必要はないでしょう。

ED治療薬の副作用は先ほど説明したようなものが多いと言えますが、用法用量を守らなかった場合はひどい症状を引き起こす可能性があります。海外では、強い効果を期待して一気にたくさんのED治療薬を服用した男性の勃起状態が長期にわたって継続し、その結果陰茎が壊死してしまうところだったという事件も起こったことがあるので、用法用量を守らない服用は非常に危険です。また、ED治療薬には併用禁忌薬が設定されているのですが、一緒に服用すると肝機能障害を引き起こしたり、強い副作用の原因となったりするので、これも危険だと言えます。

勃起不全でお悩みの男性にとって治療薬はとても便利なものだと言えますが、安全に性生活を楽しみたいのであれば副作用を理解し、重篤な症状を引き起こすことがないように用法用量を守って服用するようにしなければなりません。
基本的にこの治療薬は病院で処方してもらうことが多いですが、その際には用法用量や副作用についての説明があるはずなので、医師の指示をしっかりと聞き、正しい方法で使うようにしましょう。
守らなければひどい副作用が生じてしまい、性行為どころではなくなってしまう可能性があるので気をつけてください。